2009年01月30日

環境NGO ezorock 草野さんB

『50年後も野外で気持ちよく音楽を聞いていたい』

kusano.09.jpg

環境NGO ezorock 草野 竹史さん

2000年の夏、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2000 in EZO環境対策ボランティア」に参加、「ごみを拾わない環境対策」との出会いは衝撃的だったと語る草野さん。北海道のことは北海道の人の手でやろう」という想いから始まって10年。「環境は多面体、いろいろな切り口でアプローチを続けたい」と活動する草野さんにお話をうかがった。



大きな海に出て成長して戻って来い

インタビュアー(以下EC):先程も応援の言葉をいただければ、がんばれるというようなお話がありましたが、活動の中での喜びとは他にどういった事がありますか?

草野さん:今年の成果として、地域のお祭りで3年間一緒にやってきたところが、「来年から自分たちでやってみます。」と言ってきたんですね。もともと対策をしてなかったところが、3年で変化したんですよ。今までやってきたことが最近ようやく成果が見えてきたんですね。環境のことってすぐ成果が見えにくいんですよね。そういったところで、今後もアドバイスとかも続けますけど環境活動により自発性を生み出したという成果は大きく、とても嬉しいところですね。

EC:ある意味卒業生ですね。

草野さん:そうですね。それはすごく良い例えですね。また、内部の話だといろいろと活動していく中で発見だったり、自己成長して、中には自分の人生を切り開いていく人たちも出てくるんですね。ここに最初入ってきた時は漠然としていたり、ちょっと興味があるんで来ましたなんていう程度だったのが、活動をしていく中で、やっぱり自分はこの道に進みたいと言うのがはっきりして、ここから巣立っていくという動きが最近あるのが嬉しいです。

また、そういう人たちって事務所に立ち寄ってくれるんですよ。就職して本州とかに行ったとしても、札幌に用事があって帰ってきた時に事務所に遊びに来たりとか、成長した人が帰ってくると嬉しいんですね。

kusano.10.jpg

成長した人が帰ってくるとなんかこう、鮭みたいな感じがして(笑)。北海道は鮭ですよ。川に戻って来いと(笑)。また、ここで卵を産んで仲間を増やしてくれるみたいなね。そういう良い面白い動きもありますね。

鮭に例えると面白いですね。実は今初めて言いましたけど、北海道はやっぱり鮭ですね。大きな海に出て成長して戻って来いと(笑)。

EC:それは循環型ですね(笑)。

草野さん:いろんな所で学んだ栄養を北海道に還元して欲しいなと。そういう魅力はありますよ。みんななにかしら文句も言いますし、中には辞めていく人もいますけど、この場所が好きだったり、愛着を持ってくれてるんだなぁと思いますね。

ただ、居心地の良さというのも良いんですけど、そこに充実感、達成感というのも来た人に感じてもらう必要があるかなと、そのために自分のハードルを越えなければいけない。

EC:漠然として来ている人も、ezorockに入ること事態勇気だったと思うし、せっかく入ったのだから何らかのチャンスを掴んで欲しいですね。

草野さん:僕、仏教の「自利利他」の考えが好きなんですね。自分のやりたいと思ったことが誰かの為になると。自分が楽しんだり、成長したりするだけじゃなく、それが社会的に何かの役に立ったり、関係がwin-winなんですよ。なのでそういった発想のことを探していくと世の中もっと良くなるんじゃないかなぁという気がしてるんですけどね。

▲自利利他
比叡山を開いた最澄伝教大師の言葉といわれています。自らの悟りのために修行し努力することと、他の人の救済のために尽くすこと。この二つを共に完全に行うことを大乗の理想とする。「利他の実践がそのまま自分の幸せなのだ」という考え方です。




団体を強くするためにも外部の声が必要

EC:今後予定している企画などのお知らせがあればお教えていただけますか。

草野さん:1月17日に「nico」というezorockの年に1度のお祭りが教会で行われたばかりなので、ご来場していただいたみなさんに感謝したいと思います。

kusano.11.jpg

それと、社会人の方にお仕事だけじゃなくて、もう一つ環境の活動する仲間として何か作りたいとか、何かモワモワした方は事務所のドアを叩いていただけるといつでも対応していますので来ていただきたいですね。会社とは違った意味でパワーを発揮出来ると思います。

EC:社会人の方でモワモワしている方は是非扉を叩いて欲しいですね。

草野さん:それと、もう一つの展開としてステークホルダーミーティング。ezorockのことを外部の人に聞いてみようと言うことなんですね。

▲ステークホルダーミーティング
組織の活動から直接または間接的な利害関係を有する人たちへの積極的な情報開示と対話により、利害関係者からの意見や提案などを組織の活動に反映する手段。


EC:実は最後に外部である我々企業に対しての要望とか意見であったりとかを聞こうと思っていたんです。それに繋がって行きますね。それにしても企業がやっているステークホルダーミーティングの逆バージョンという発想はすごく良いと思います。

草野さん:おそらく、自分で言うのも何ですけど、期待されている感じはすごく分かるですよ。やっぱり環境団体として何かしてくれんじゃないかなと、ただ期待だけで終わってしまったら意味がないので、どういったところをezorockが直していくというところを聞いて、レベルアップしていかなければならないというところを、団体のステークホルダーである企業であったり、町内会であったり、行政などの人たちを集めてお話を聞きたいなと思っています。

EC:今まで市民団体側のステークホルダーミーティングというのは聞いたことがないですね。

草野さん:聞いたことないですか?僕はやるべきだと思ってます。そういう場を作った方がいいと思います。本当は一つ一つヒアリングに行こうかとも思ってたんですけどね(笑)。

EC:企業同士でも環境に関して話し合うような場はあまりないですからね。大体が行政主催だったり、北海道でもいくつかの企業はステークホルダーミーティングをやっていますけど、市民団体側の主催は聞いたことがないですね。

今CSR(企業の社会的責任) もそうだけどSR(あらゆる組織の社会的責任) ということも問われ始めていて、北海道での先駆的な取り組みというのを期待したいですね。


▲CSR(企業の社会的責任/Corporate Social Responsibility)
「企業の社会的責任」という意味で、企業は法律を守り、提供する商品やサービスに責任を持ち、従業員が働きやすい環境をつくり、地域社会に貢献し、地球環境に配慮した活動をしなければならない、こうした企業のありかたを表現した言葉である。

▲SR(あらゆる組織の社会的責任/Social Responsibility)
企業だけでなくあらゆるNPO・NGOなどの組織が対話と協働を進めなら、社会的責任と信頼性を高め、社会の課題を解決していこうという動きである。


草野さん:極端な話、ダメ出ししてください。という場でいいと思ってるんですね。僕たちはいったいどこまでやればいいのかっていう期待とかの部分が良く分からないところがあるので、どんどんダメだししてもらって、それは団体を強くするための必要な情報になりますからね。

EC:ダメ出しだとしても、そういった意見は期待の裏返しだと思うしね。

草野さん:活動の中などで気づいた点とかをきちんとバックしてもらう、内部の人たちは外からどう見られているか気づく時期が来たなと思っています。

EC:他の団体のことはそんなに詳しくはないですけど、ezorockなら出来るんだろうなと思いますね。

草野さん:たぶんイメージとしてはメタメタに言われると思うんですけど、最後にみなさんから「がんばってねっ」ていう言葉をいただいて終わっていくんじゃないかなと思うんです。

組織が持続的な社会を作っていかなければならないと言われている中で、ezorockみたいな組織はいらないよっていう発想はないと思うんです。

環境団体は持続的な社会がもし作られれば解散していいと思ってますし、ezorockじゃなくなっても名前が変わってもいいなと思ってますけど、ezorockとして循環型社会を作るまでは意味のある活動をして、ちゃんとみなさんとの関わりを大事にして次世代に引き継いで行かなければいけないなと思ってますね。

やったことを発信したら、他の環境団体にもいろいろと刺激になるかもしれないですね。それとezorock自体がまだそれだけ未熟だと言うことなんですね。もっと社会で成長するためには、みなさんからのフィードバックが必要だと思ってます。

EC:ezorockのステークホルダーミーティング開催の実現を楽しみにしています。その際にお役に立てることがあれば、末席に加えていただけると幸いです。

ありがとうございました。




▲環境NGO ezorock
「野外で気持ちよく音楽が聞ける環境を残すために持続的に安心して暮らせる社会」を実現する」「50年後を見据えて北海道の若者から発信していく」「音楽をはじめとする身近なライフスタイルから環境の大切さを伝えていく」「環境問題の根底にある社会の構造を見据えて活動していく」「上記3点に関係する団体・個人をつなぐネットワークづくり」を目的に活動する市民団体。

ホームページ
http://www.ezorock.org/
posted by beatnik at 00:00| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

環境NGO ezorock 草野さんA

『50年後も野外で気持ちよく音楽を聞いていたい』

kusano.04.jpg

環境NGO ezorock 草野 竹史さん

2000年の夏、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2000 in EZO環境対策ボランティア」に参加、「ごみを拾わない環境対策」との出会いは衝撃的だったと語る草野さん。北海道のことは北海道の人の手でやろう」という想いから始まって10年。「環境は多面体、いろいろな切り口でアプローチを続けたい」と活動する草野さんにお話をうかがった。



環境は多面体

インタビュアー(以下EC):前回ではRSRでのごみ分別による環境対策のお話をお聞きしましたけど、ezorockとしては他にどのような活動をしているのかお話ししていただけますか?

草野さん:まずイベントの環境対策活動というのを2000年からずっとやってきていて、ノウハウが蓄積されて来たんですね。それで、このノウハウを僕たちだけで持っていてももったいないということで、最近は地域の商店街とか町内会のお祭りにもノウハウを伝授するという活動を昨年から展開していまして、今その需要がすごいですね。

みなさん困っていて、若い人もいないから手も回らないということで相談に来るのですが、そういったところに僕たち青年層のボランティアが参加して活動を展開しており、今年は札幌で20箇所くらいやりました。 今年の夏場には依頼が多くてお断りした所もあったんですよ。

EC:今の活動がまさに草野さんのきっかけとなったお祭りでの環境活動に繋がった訳ですね

草野さん:そうなんです。今地域のお祭りといっても年配の方ばっかりなので、そこに僕たちが入って行って、世代間の交流とごみを減らしていきましょうということと、環境情報を地域のお祭りで発信していきましょうというようなことを展開していて、かなり需要が増えていますね。

EC:今、コミュニティとか世代交流とか注目されている訳ですが、地域の活性化にも繋がりとても良い取り組みですよね。

草野さん:おじちゃん、おばちゃんもやっぱり若い人が好きみたいなんですね(笑)。

EC:最近は大型商業施設がたくさん出来て若い人が離れていってるなど
昔ながらの商店街が淋しくなってきている中で、大切な活動だと思いますね。


草野さん:地域にどんどん入っていくべきですね。

また、冬には「nico」というキャンドルの灯りと音楽と市民活動を紹介する場を提供するイベントを開催したり、「Vision2050」というプロジェクトを立ち上げ、2050年までの長期的な北海道の理想像を青年層が描き、そのために今何をやっていけばいいのかというのを考えようと活動をしているチームも最近出来ましたね。あと、ラジオ放送をしたり、北海道全域に活動を展開するチームがあったり、一つの切り口だけを考えるのではなくて、環境というのは多面体だと思うので、いろんな切り口から環境ということにアプローチしていこうと思ってます。

kusano.05.jpg

▲キャンドルの灯りで楽しむ音楽祭「nico」
2009年1月17日(土)
詳細はhttp://nico.ezorock.org


kusano.06.jpg

EC:今日は事務所の壁一面に手書きで何か書かれた紙がたくさん貼られていますが、これはどのような取り組みなんでしょうか?

草野さん:ezorockをもっと良くしていきたいと、スタッフ、ボランティア参加者みんなが思ってるんですね。なので疑問や問題点をみんなに出してもらって、もっと良い組織づくりや活動に結びつけるために書いてもらったんです。

これを基に理事会で検討したりして、もっとみんなが活動しやすくなるように、且つ、社会的にも意義のある環境活動に繋げていくために意見の吸い上げをしていると言うことです。

EC:こうやって書かれたものが貼られてみんなの目に触れることで、会議でなかなか発言出来ない人への啓発に繋がるでしょうし、団体運営とともに人材の育成にも効果がある取り組みですね。

草野さん:ezorockの特徴でもあると思うんですけど、時にはトップダウンの判断も大事だと思うのですが、出来るだけ日常の活動に対しては可能な限り意見を吸い上げて、みんなで参加しながらボトムアップして進めていくというところはezorockのこだわりのヒトツになっていると思いますね。

社会の変化するスピードが早くなってきたので、一部の人たちの意見だけで対応してくのにも限界がある時代が来てしまったと思うんです。そのためにも、出来るだけ多くの人たちの智恵とか技術を上手くコーディネートしてそれを形にしていかないと、追いつかなくなってきているんじゃないかなと。それぞれの長所短所を見極めていくというところでもありますね。

EC:組織内のコミュニケーションをとる上でも、このような機会を持つということは大切ですね。



経験を武器に

EC:スタッフには社会人もいますが、かなりの割合で学生メンバーが多く、ezorockから社会に送り出すという立場でもあると思うのですけど、その辺はどのように考えておられますか?

草野さん:本当はもっと社会人の方に入ってきて欲しいんですよ。今8割5分くらいは学生なんです。学生は社会人に比べると時間があって、いろいろと吸収しようとする大事な時期なので、その世代と活動していくというのは、10年後20年後と見ていったときにはすごく大事なパワーと思ってますし、社会に飛び立つ前に環境という生きていく上で大事なことだったり、仕事をするのでも環境を破壊しながら仕事していても持続性にはならないので、営利活動をしながらも環境のことを大事にするという気持ちを持った人を輩出していくことが大事かなと思ってます。

EC:環境に関係ない職業に就いても、どんな部署に配属されてもそこから環境情報を社内に発信することは出来ると思うし、その効果で環境に配慮する人がもっと増えるかもしれない。もしかしたら会社が変わるきっかけになるかもしれませんね。

今ezorockで育てられている人たちが、ここでの思い出作りだけで終わるんじゃなくて、社会人になっても今の気持ちを継続してくれること望みたいですね。


草野さん:そう言う意味でも、10年後にも今の気持ちを持ってくれる人を作るために、ちゃんと伝えていきたいと思うし、非常に大事な層かと思いますね。

EC:先程も地域の中に入っていくとか、見知らぬ人たちと一緒に活動していくとかなかなか社会人でも出来ない経験をたくさん出来るというのはezorockの強みであり学生にとって実戦経験を積むすごく良い場所だなって思います。

草野さん:そうですね。ここが学びの場でもあり葛藤の場でもあったりして、今自分のスキルが社会に通用しないことだったり、学生のノリだけでは許されないことだったり、社会人でも変わらないとも思うんですけど、早い内にここで経験をして社会に出ていった時には、「ちょっとこいつは即戦力として力を発揮してくれそうだ」と思われるように、そして仕事が出来るようになってきて、チャンスを与えてもらって、且つそこで、「部長、そろそろ社内のごみ箱ちゃんとした方が良いと思うんですよね〜」って言うことであったり、「環境っていうのをどこかに入れないと、今の時代乗り切って行けませんよ〜」というような社内の中での提案が出来て変化を起こせるっていうパワーが大事かなと思うんです。

そのためには日常の業務であったり、筋道を通した展開が出来ないと、「君、環境のこと言ってるけど、仕事は全然だな」なんて言われたら話になりませんので、そういう両立できる人材を育てていきたいと思いますね。

EC:ezorockの若いメンバーたちの将来に多いに期待したいと思います。

では、活動するに当たっての苦労や悩みなどありましたらお話ししていただけますか?


草野さん:先程も言いましたけど、学生が多いといったところで、良い面でもあるんですけど、やっぱり社会の繋がりの中でやっていくには社会人の人が入ってきて欲しいと思うんですね。

社会人の一生懸命やる姿を学生が見ると、良い刺激になって、自分を活かすための鏡になるとか、この人みたいになりたいなとか、ちょっとだけ先輩、ちょっとだけ先に経験してきた人たちがいるというのは例えば対外的な対応でお話しすることだったり、提案することだったりを間近にすることで良い刺激になるんじゃないかと思うんです。なので、今はちょっとバランスが悪いですね。

それと、こういった団体なので仕方ないですけど、資金的な悩みというのは絶えない、リアルな話ですけどね。そういう意味では企業や高度成長期を作ってきた中高年の方っていうのも、豊かさは生み出して来たと思うんですけど、その分の負荷という物もあったと思うんですよ。そういったことで僕は一緒に活動していくべきだと思ってるんですね。

「なんか若い人たちがんばってるわ」じゃなくて、一緒に活動するのでも良いですし、手は出せないけども食べ物の提供であったり、資金の提供であったりとか、そういったことでもっと若い人たちの背中をプッシュして「支えるからがんばんなさいあんたたち」「次世代は任せるからちゃんとした良い社会を作って欲しいから応援するよ」と言うような仕組みや取り組みをもっとしていきたいなと思ってます。

そういう応援の言葉をいただければ、もっとがんばれますし、大きなパワーになりますからね。



「見える・美味しい・リサイクル」農業と繋がるのは必然だった

kusano.07.jpg

EC:今日、事務所に入る前にいっぱい大根が並んでいてビックリしたんですけど、「RSRオーガニックファーム」と書かれて売られていましたけどこれはどういった活動ですか?

草野さん:これは画期的な企画なんですよ!循環型社会を再現している取り組みなんですけど、イベントから出た生ごみの一部を手作業で堆肥化して、出来た堆肥を畑に入れてじゃがいもと大根を作りました。そのじゃがいもをまたイベントの食材として戻していこうという、頭の中で描けるリサイクルなんですね。

「見える・美味しい・リサイクル」と僕たち言ってるんですけど、今それを展開中です。

kusano.08.jpg

▲オーガニックファーム
詳細はhttp://organic.ezorock.org


草野さん:また、北海道で環境の活動をする上で、農業と繋がらないということはないですね。なにかしら必ず食の問題に繋がって、食量の自給率であったり、地産地消であったりと必ずキーワードとして出てきくるので、繋がって展開していることは必然だったのかなと思いますね。

EC:北海道は自給率約200%で高いと言われてはいるけども、北海道の人は全部北海道産の物を食べているかと言ったらそう言うわけでもないし、もっと地元の物に目を向けるということが必要ですね。

草野さん:自分たちの食べ物は自分たちで作るべきだと思うんですよね。そういった意味で北海道は一つの島として分かりやすいですよね。山があって、畑があって、都市があって、海があって、島として非常に魅力的なので僕はいろいろと実践出来る面白いフィールドだと思います。

EC:最近は札幌近郊でも有機農家が増えていると聞きますし、これだけ食品偽装や異物・薬品の混入があったりする中、安心して安全な食べ物をどうやって食べるかとなると、農業にもっと注目して自分たちが入っていって循環させていかなければいけないと思いますね。そんな思いが詰まった大根がたくさん売れると素敵ですね。

草野さん:そうなんですよ、そう言った意味でただ募金してくださいというより、大根買って下さいって言った方が自然ですよね。

EC:運営する上で活動資金は絶対必要なので、アースデイとかのイベントで売れるといいですよね。

草野さん:北海道で野菜を作って、売って活動していくとうのも自然のような気がしますね。

EC:ここまで仕組みが出来ているから、これからまた新しい発想が広がって面白い展開になりそうで楽しみですね。



次回パート3では団体活動をする中での
喜びや団体を強くするためのお話をして頂きます。



▲環境NGO ezorock
「野外で気持ちよく音楽が聞ける環境を残すために持続的に安心して暮らせる社会」を実現する」「50年後を見据えて北海道の若者から発信していく」「音楽をはじめとする身近なライフスタイルから環境の大切さを伝えていく」「環境問題の根底にある社会の構造を見据えて活動していく」「上記3点に関係する団体・個人をつなぐネットワークづくり」を目的に活動する市民団体。

ホームページ
http://www.ezorock.org/


posted by beatnik at 00:00| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。