2009年07月27日

環境サポートセンター 藤田さんA

「環境活動を支援する窓口として」

fujita-04.jpg

北海道環境サポートセンター 藤田 志保さん

「環境学習の場として、また環境を通した出会いの場として多くの人に利用して欲しい。来館される方のニーズに幅広く対応したい」といつも私たちを笑顔で迎えてくれる藤田さんにお話を伺いました。




北海道環境サポートセンターとは

インタビュアー(以下EC):北海道環境サポートセンター(以下サポセン)がどういった施設なのか具体的にお話ししていただけますか?

藤田さん:はい、場所は札幌市中央区北4条西4丁目伊藤・加藤ビル4階です。札幌駅南口大丸前です。

EC:すごく立地の良い場所ですよね。

藤田さん:場所はほんとうに良いんですよ!

開館時間は10時から18時、休館日は土・日曜日、祝日、年末年始です。但し、多目的ホールは21時まで利用可能です。環境活動されている団体などの情報を揃えていたり、活動支援や相談の受付もしています。

また、様々な貸し出し物も用意しており、図書、ビデオ、DVD、パネル、環境学習支援キットなど取り揃えています。環境学習支援キットにはプロジェクターやトランシーバー、デジカメなどと共に水生生物や星空観察キット、冬はスノーシューといった物も無料で貸し出しています。予め予約が必要なのでお問い合せはお早めに!

EC:環境に関する目的であれば誰でもお借りすることが出来るということですね。

藤田さん:はい、基本的に非営利の活動への貸し出しとなります。ただし、図書、ビデオ、DVDは個人の方でも貸し出しをしています。また、多目的ホールだけは有料となっていて、会議やセミナーなどに利用していただいてます。詳しくはホームページか直接お問い合せください。

EC:今日もたくさんのポスターが展示されていますが、こういった活動の発表の場としても場所を提供されていますよね。

藤田さん:はい、環境に関する活動などの展示に関しては、上司に特にアピールするように!と言われたところです(笑)。

fujita-08.jpg

今日展示しているのは環境学習フォーラム北海道さま主催の「〜第11回高校生環境学習ポスターセッション作品展〜」。環境問題に取り組んでいる高校生たちが様々な工夫を凝らした研究の成果発表の場として利用していただいています。この展示は7月14日までなのでこのインタビューが世に出るころには残念なことに終わってしまってるんですけど、こういった展示も無料なんですよ〜!

EC:えっ、無料でお借り出来るんですか!

藤田さん:はい、そうなんです。どんどんみなさんの活動発表の場として利用していただければと思います。特に春は利用される団体様が多くて早めの予約が必要なんですね。今年もほっかいどう漫画集団の「環境マンガ展」や「さっぽろキャンドルナイト」などといった展示をしていたんですよ。でも、夏場はみなさん外での活動が多くなるので、活動発表したい方は夏場の今が狙い目ですね!

fujita-16.jpg

▲環境マンガ展
1965年に北海道在住の漫画家・イラストレーターが集まり「ほっかいどう漫画集団」を結成。活動の一つとして、地球温暖化など深刻な環境問題をテーマにした『環境マンガ展』をサポセンで定期的に開催。ひとコマ漫画を中心に世相を映したマンガを制作、「ユーモア」や「笑い」で明るさを提供してくれます。

fujita-17.jpg

▲さっぽろキャンドルナイト
さっぽろキャンドルナイトは、『1年中で一番昼が長い夏至の日、夜8時から10時の2時間、みんなで一斉に電気を消して、スローな夜を過ごそう。』という100万人のキャンドルナイトの呼びかけに賛同し、札幌市内で開かれる様々な取り組みを、「広く市民に知らせる」ということで、「世界に誇れる環境文化都市さっぽろ」の実現を目指すものです。


EC:環境活動している人たちは使わない手はないですよね。札幌駅前で立地も最適ですしね!


環境プラザとコラボレーション

fujita-15.jpg

藤田さん:それともう一つのアピールポイントで訪問学習の受入をしています。

子どもから大人まで広く受け入れていて、財団職員が対応します。学生さんの場合は事前に学習テーマをいただくので、それに合ったスライドやゲームを行い、質問の対応などもします。

そして今年度から新しく札幌市環境プラザ(以下環境プラザ)さんとのコラボレーションを始めました。

EC:そういう環境関連施設の連携って良いですね!どういった内容ですか?

藤田さん:環境プラザさんの方では展示物を使った解説や太陽光パネル見学、発電自転車などの体験してもらい、サポセンではスタッフ交流に重点を置いて、環境学習講義や環境教育ゲームを行います。また、書籍やパンフレット、イベントチラシなど館内の資料を利用して、対応時間などに合わせた3種類の環境学習プログラムを用意しています。

EC:札幌駅を挟んで北と南にあって、歩いても数分なので立地的にも最高ですよね。

藤田さん:サポセンと環境プラザのコラボ企画のお知らせがイチオシなので、たくさんのお申し込みをお待ちしています!

EC:サポセンには学生や一般市民の方たちだけではなく、我々企業の人たちも利用されていますよね。

藤田さん:はい、図書とかDVDとか教育用の教材もありますし、大同印刷さんのように企業の「環境報告書」なども置けるスペースを用意していますので、ぜひ送っていただいてPRの場にして欲しいですね。

fujita-05.jpg

EC:なんか言わせてしまったみたいですね(笑)。

藤田さん:ちょっとサービスみたいな(笑)。

EC:ありがとうございます!

藤田さん:環境活動を支援する窓口として、個人や団体、企業など様々な方たちのご利用お待ちしています。


ふせぎ隊での経験

EC:藤田さんは財団の事業の一つでもある「地球温暖化ふせぎ隊(以下ふせぎ隊)」の活動にもボランティアとして参加されていますが、ふせぎ隊とはどういった活動をされているのか教えていただけますか。

藤田さん:ふせぎ隊は学校や地域のイベントにお伺いして、地球温暖化の問題を楽しみながら学習し、身近な生活の中で温暖化防止につながる行動に取り組んでもらえるよう、ゲームを中心としたプログラムを提供しています。

EC:ふせぎ隊の活動に参加するきっかけを教えていただけますか。

藤田さん:きっかけは去年の札幌ドームで開催された環境総合展でふせぎ隊のプログラムを体験したことです。その時に子どもと楽しみながら勉強するって面白いなぁ〜って思ったのがきっかけです。

EC:今年は円山動物園のアースデイに参加するということで、新しいプログラムを作ったそうですね。

藤田さん:はい、円山動物園でふせぎ隊がやる環境学習プログラムの中に、動物に関係する物が少ないということでプログラム作りを任されました。「動物」の問題としては「生物多様性」か「絶滅危惧種」かなと思い、自分の中で伝えられそうな「絶滅危惧種」をテーマにすることに決めました。そして動物園という広いフィールドを使って楽しめるよう、ビンゴゲームを交えたプログラムにしようと考えたのです。

▲生物多様性
生命の豊かさを包括的に表した広い概念で、その保全は、食料や薬品などの生物資源のみならず、人間が生存していく上で不可欠の生存基盤(ライフサポートシステム)としても重要である。反面、人間活動の拡大とともに、生物多様性は低下しつつあり、地球環境問題のひとつとなっている。

▲絶滅危惧種
急速な環境変化や移入生物・乱獲などによる原因で、すでに絶滅したり絶滅寸前に追いやられたりしている動植物の種のことである。国際自然保護連合(IUCN)や環境省でも、世界的に増加している絶滅危惧種の保護に乗りだしており、絶滅危惧種の増加原因のほとんどは人間の活動によるもので、その保護は生物多様性の保全の上でも重要課題である。


まずビンゴカードを用いて絶滅危惧種に指定された動物たちの実物を良く観察してもらうこと。観察した後に動物たちが今どういった現状に置かれているかをクイズや紙芝居風の物を用いて説明します。そして最後の締めとして「動物たちがこれ以上少なくならないよう、地球を良くするために自分たちは何ができるかな?」というような事を考えてもらおうというプログラムです。

EC:プログラムを作るにあたって、どのような苦労がありましたか。

藤田さん:私はまだ活動して1年ということもあり、経験が少ないので実践経験を積み重ねたいと思ってたんですが、大好きな動物のためでもありましたし、プログラムを一から作るということを経験してもいいかなって思ってプログラムの作成に取り組みました。

ただ、今までプログラムを作るというプロセスを習った訳でもなかったので、作り方というのをまったく知らなかったので、とりあえず自分なりにプログラムを作るときに考えなければ行けない事を洗い出し、順番に手をつけていきました。そういったプログラムを一から作るというプロセスを考えるのが楽しくて、新鮮でもありましたね。

最初に動物園で参加する子どもたちを想像して、「自分が子どもたちに何を伝えたいのか」「どのように楽しんでもらいたいか」ということを考えました。プログラムを形にした後からが難しくて大変でしたね。「この言い回しは伝わるのか」「どこまで話して良いのか」など、子供たちの立場になって考えるのは難しかったです。だから途中ちょっと苦痛になった時もありました(笑)。

fujita-19.jpg

EC:苦労の末に完成したプログラムを円山動物園で行っていかがでしたか?

藤田さん:はい、それはもう楽しかった!の一言ですね。ふせぎ隊のゲームはいつもテーブルの上でやることが多いんですね。でも、動物園にはもちろん動物もいますし、会場も広くて、私が思い描いていたように子どもたちが伸び伸びとした感じで動物園全体を使って楽しんでいました。

EC:オリエンテーリングみたいな感じですか?

藤田さん:はい、そういう感じにしたかったんです!ただ、アースデイを知らないで来ているお客さんには動物園の雰囲気を損なわないようにということに気を付け、且つ一緒に巻き込んで楽しんでもらえたらなって思ってプログラムを作ったんですね。

実際に子どもたちがビンゴカードを持って、競争して動物園内を四方八方に散らばって行ったのを見たらとても嬉しくなりましたね!もう本当に思い描いていたように子どもたちが動物園内を駆け回ってくれたので、とっても嬉しかったですね!

EC:屋外ということもあって開放的なのが良かったんでしょうね。

藤田さん:ふせぎ隊のプログラムの最後には「自分たちにも地球を守るためにこんな事ができるんだね!」という締めがあるんですけど、イベントだと時間の都合で締めが出来ず、プログラムの中のゲームだけを楽しんで終わりみたいな時があるんですね。そういう締めが出来ない時って、はぁ〜って落ち込むんです。でも今回は上手とは言えないまでも最後まで出来たのが良かったです。

「帰ってお父さんに教えてあげたい」という子どもや「ユキヒョウが絶滅危惧種になっていることを知りませんでした」というお母さんもいて、家族のコミュニケーションにもつながったようでした。また、学校や家庭でごみの分別や資源の無駄使いに気を付けている子どもが多く、反対に指摘を受けている親御さんを見るケースもありましたね。(笑)

fujita-13.jpg

EC:始めて自分で作ったプログラムの手応えはどうでしたか。

藤田さん:時間もあまりきつくなかったので最後までプログラムを行えましたし、会場も広く使えて開放的でとっても充実出来ましたね。

EC:動物園ということもあって、とってもゆる〜い感じの印象ですが。

藤田さん:はい、午前中にスタートした子どもが午後に帰ってきたり、「そういえばユキヒョウのカードまだ返ってこないね〜」とかユルユルでしたね(笑)。でも、ゲームをする事が動物園を楽しむ時間の妨げにはしたくなかったので、良かったと思います。

また、「カードを無くさないように」などといった注意点は、プログラムを作る段階で色々な方からもアドバイスをもらっていたんですね。だからカードを大きくしたりして、無くしたり持ち帰ったり出来ないように作ったのが功を奏しましたね。

EC:一人だけで作るっていうのは難しかったでしょうね。ただでさえ活動して間もないという中で、色々な人に助けられてここまで出来たというのはとっても良い経験でもあり、喜びでもありますね。

藤田さん:そうなんです、サポセンに入って変わったことのひとつとして、ふせぎ隊で経験したこともほんとうに大きいですね。


fujita-09.jpg

サポセンからのお知らせ

EC:では、最後にサポセンやふせぎ隊など、今後のお知らせがありましたらお願いします。

藤田さん:はい、今年も「大通りの打ち水大作戦」をします。打ち水でアスファルトに覆われた都市の気温を和らげようというイベントです。8月2日日曜日の13時30分から16時まで、札幌市南1条西3丁目交差点付近で行いますのでぜひご参加ください。

それとふせぎ隊からのお知らせです。アクセスサッポロで開催される「環境広場さっぽろ2009」で、8月1日の土曜日10時から17時まで(予定)ふせぎ隊が参加します。また、「サタデーinプラザ」と題して環境プラザさんに協力していただいて、施設内でふせぎ隊の教室を毎月最後の週の土曜日、10時〜15時の間に行っています。ちなみに8月は22日です。

9月に入ったら目白押しで、「函館エコフェスタ」や「さっぽろシャワー通り」「ねんりんぴっく」などといったイベントにふせぎ隊が参加します!詳しいふせぎ隊情報はホームページで随時更新されるのでみなさんチェックして参加して来てくださいね!

また、環境学習の場でもあり、環境を通した出会いの場としてサポセンを多くの人が利用していただけるようスタッフ一同お待ちしていますので、気軽にお越し下さいね!

EC:これからも環境活動の拠点として、多くの方がサポセンを訪れると良いですね。今日はどうもありがとうございました。



▲北海道環境サポートセンター
環境保全の活動支援を具体的に行う窓口として、北海道環境財団が運営する施設。環境に関連した図書や展示、いろいろな団体の行事情報などを常設。




北海道環境財団
http://www.heco-spc.or.jp/

サポセンほっこりだより。
http://www.heco-spc.mo-blog.jp/saposen/



※「多目的ホール(貸会議室)」について

本文中にある環境サポートセンターの「多目的ホール(貸会議室)」貸出利用は
4月1日をもって中止となりましたことをお知らせ致します。

詳細は→http://www.heco-spc.or.jp/temp/h17_various/various_187_s.html



posted by beatnik at 08:00| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

環境サポートセンター 藤田さん@

「環境活動を支援する窓口として」

fujita-01.jpg

北海道環境サポートセンター 藤田 志保さん

「環境学習の場として、また環境を通した出会いの場として多くの人に利用して欲しい。来館される方のニーズに幅広く対応したい」といつも私たちを笑顔で迎えてくれる藤田さんにお話を伺いました。




「タネポタアニ」の人たちとの出会い

インタビュアー(以下EC):北海道環境財団が運営する施設「北海道環境サポートセンター(以下サポセン)」のカウンターで、いつも利用する私たちを笑顔で迎えてくれる藤田さんですが、サポセンに勤める前から環境のことや動物に興味があったとお聞きしています。サポセンのことをお聞きする前に、まず興味を持つことになったきっかけをお話していただけますか?

藤田さん:宮の森にある「タネポタアニ」の方たちとの出会いがきっかけなんです。

EC:「タネポタアニ」は昨年宮の森にオープンして、6人のメンバーが一軒家を改造して「衣・食・住」を中心としたエコライフのヒントを提供しているというエコギャラリーですよね。

藤田さん:はい、そのメンバーの何人かは10年以上前からの知り合いで、その人たちと出会ったことが一番大きな影響ですね。

「タネポタアニ」の人たちは昔から環境とかエコという言葉を使っていたわけではなく、日常の生活の中でやっていたことが自然と環境保護につながっていました。私も彼女たちと付き合っていくうちに、気づいたら生活の一つ一つが環境保護とつながっているな〜って共感していったという感じなんです。

「タネポタアニ」の人たちも最初からエネルギーがどうとかいう訳ではなくて、「身体に良い物を食べたいよね〜」とか「ごみをなるべく出したくないよね〜」というスタイルでした。そして「タネポタアニ」とつながっている人たちも同じ感覚の人が多く、一緒にいるとそれが普通みたいな感じになっていったんです。そして徐々に環境関連のセミナーや本を薦めてもらい、自分で情報を得るようになりました。そのような流れから「温暖化」や「環境問題」というものに興味を持つようになったんですね。

難しく考えないで普段の生活で出来ることを気づかせてくれた「タネポタアニ」の人たちの影響が一番大きいですね。



「アースデイEZO」からツナガル

藤田さん:それと、動物の映像を見たときショックだったんですよ。

EC:それはどういった映像だったんですか?

藤田さん:私、一番好きな動物がホッキョクグマなんですよ〜(笑)。

その映像は、温暖化の影響で氷が張らなくてエサを捕ることが出来ず、生まれて1年も経たないようなホッキョクグマの子どもが生き延びることが出来ないという現状を映していたんですね。それを見たときに当たり前なんですけど、動物園で見る動物とはまったく違う現実があるんだと改めて知ってとてもショックを受けたんです。その状況を作りだしているのは私たちの生活と関係ないことではないんだと。

環境問題というのは、起きている現象の直接的な原因だけではなく、その裏には様々な原因や結びつきがあるという事を教えられました。

EC:動物園は以前からよく行ってたんですか?

藤田さん:はい、良く行っていました。実は、実家を出て住みたい場所が円山だったんですね。それは歩いて円山動物園に行きたいというのが一番の理由で!(笑)

EC:円山だと普通はオシャレとかの理由だと思うんですけど、その理由すごく良いですね!(笑)

藤田さん:子どもの頃から動物や自然が好きだったんですね。それに母親の実家が牧場を経営していたので、牛を見ることが好きで、手伝いも喜んでしていました。ただ、よく他の方のインタビューなんかで書かれているように、特別子どもの頃から自然とか動物を守るとかの意識は無かったと思います。

EC:そう言えば円山動物園で開催された「アースデイEZO」の報告書に藤田さんのコメントが載っていましたよね。それはどういったつながりだったんですか?

fujita-18.jpg

▲アースデイEZO
アースデイとは、地球のことを考えて行動する日です。1970年から続くアースデイは大人から子どもまで参加する、世界184の国と地域約5000箇所で行われている世界最大の地球フェスティバルです。アースデイEZOは、北海道各地で行われている様々な取り組みのネットワークのことを言います。


藤田さん:アースディEZOには1年目から参加していますが、そのことがサポセンに入るきっかけにつながっているんですね。

「タネポタアニ」の人たちから紹介されたお店の一つに「オーガニックショップらる畑」という円山で国産の有機野菜やフェアトレード商品なんかを売っているお店があるんです。そのお店に1回目の「アースデイEZO」のボランティア募集のチラシが置いてあったんです。

その頃講演会なんかには行っていたんですけど、「あっ、自分は何も行動していない」って思っていて、そのチラシを見た時に「何かできるかも」と思いボランティアの参加を決めました。そしてその説明会の場所がサポセンだったんです。

初めてサポセンに入った時に、環境に関する沢山の本や資料とか情報があることに驚きました。

fujita-03.jpg

そしてなんとなくアットホームな感じがしてすごく気に入ってしまったんです!

EC:そうだったんですか。

藤田さん:それで「アースデイEZO」の説明会で地球のことを考えて行動しようという趣旨に感動し動物好きの私としては円山動物園会場での参加を選びました。説明会では全然知らない人たちばっかりで心細かったんですけど、出店者なんかの人たちに混ざってボランティアの説明を受けていました。

その時に円山動物園のミーティングがありますから来て下さいねと言われて、夜な夜な動物園で行わるミーティングに参加していました。ミーティングにはボランティアで参加する人はほとんど来ていなかったんですけどね(笑)。ミーティングでは実行委員の方たち、特に動物園関係者の動物に対する想いが聞けて参加して良かったと思いますね。

EC:実は私も同じような境遇で、「アースデイEZO」に参加した時は、右も左も分からないような自分が環境の専門的な人たちに混ざっていて良いのだろうか?と本当にドキドキしてたのを覚えていますね。

藤田さん:1年目の参加の時に私は寄せ書きを担当させていただきました。来場者に「動物たちや地球への想い」のような事を書いてもらったんです。みなさんの気持ちを見ることができた良い企画だったと思います。

アースディを終えた頃から、説明会の時に知り合ったお花のアレンジメントをしている「ジェントルツリー」の阿部さんと交流が始まりました。阿部さんのお店を手伝うことになったんですが、そこで知り合ったのがなんと現在北海道環境財団(以下財団)職員の岡田さんなんですよ。

実はその時、環境分野に関連する仕事がしたいと思い仕事を辞めていたんですが、とにかくサポセンに入りたいという思いはあったんですよね。ずぅーとみんなに「サポセンに入りたい!入りたーい!」て言ってたんですよ(笑)。

ある日、岡田さんから「私の友だちがサポセンに働いていて、今ちょうど募集をしているよ」という情報をもらって、面接を受けて想いが叶って財団の職員になれたということなんです。

EC:「アースデイEZO」がきっかけでサポセンに入った人がいるって聞いたときは、みんな盛り上がりましたからね!

藤田さん:「環境NGO ezorock」の草野さんが「ツナガル、ツナガルって言ってて、一体どこでつながるんだろうか?と思っていたけど、実際にこうやってつながっているのを見られて本当に良かったよ!」って言われました。

EC:「ヒトツニツナガル」がアースデイEZO2007のテーマでしたからね(笑)。



普段の情報収集が大事

fujita-21.jpg

EC:普段はカウンター業務ということで、利用者からの相談や問い合せなどが寄せられると思うんですけど、どういった内容が多いですか?

藤田さん:最近多いのが「NPOを立ち上げたいんですけど」といった内容が多いですね。他の支援施設からの紹介であったりとか、中には直接サポセンに来られる方もいらっしゃいますね。それと、学生さんたちのインタビューなんかが多くなりましたね。

EC:今日も学生さんたち来ていますよね。

藤田さん:はい、今日は酪農学園大学の学生さんたちがインタビューに来られています。先日は北海道大学の学生さんが市民の方たちと環境に関する活動をしたいけども、まだざっくりとしか考えていないので相談プラスαをお願いしたいという相談に来られてましたね。

何かをやりたいんだけれども、どうしたらいいのか?何から手を付けていったらいいのか?っていう内容がここ最近特に多くなってます。ちょっと前であれば太陽光パネルを設置したいと言う人が多かったですね。

若い方たちは自分たちで何かを始めたい。年配の方たちは知識が豊富なので更に深く学習したいという感じですね。そういったことで学習のために図書を借りていく方も多いです。

EC:藤田さんがサポセンに入って1年が過ぎたということですが、この1年間で藤田さんご自身が何か変わったことはありますか?

藤田さん:ここに入るまでは難しい知識とか私には無かったので、まず本と新聞を読むようになりましたね(笑)。あとは、今までありえなかったんですが、環境省や北海道のホームページなんかも見るようになりました(笑)。

EC:色んなところにアンテナを張るようになったということですね。

藤田さん:そうですね。サポセンに入る前は好きな動物のことや食のことなどに興味を持っていましたが、今は来館される方が求めるニーズが広いので、幅広く対応出来るような努力をしています。ただ、すべてにおいて深い知識を持つことは出来ませんので、どうしても広く浅くという感じにはなってしまいますけど。

EC:私も会社で環境担当をしていて、環境に関する法規制からごみの分別まで幅広い質問が会社中から来るので、そういったところでは藤田さんの立場と共通していますね。どうしても、自分が自分がっていう感じではなく、みんなのためにってなってしまいますよね。

藤田さん:そうですね。前はサラ〜って見逃すような新聞のタイトルも、今は環境に関係しそうな温暖化とかCO2とかの単語があったらまずそこを見たりとかしちゃいますね(笑)。

EC:時間が無くても取りあえずタイトルくらいはチェックしちゃいますもんね!

藤田さん:以前、太陽光パネルの助成金のお問い合せをされてきた方がいて、朝刊の記事のことをおっしゃっていたんですね。「朝に新聞を読んでおいて良かった〜!」ってこともありました(笑)。カウンター業務ということもあり来館される方と接する立場なので、普段の情報収集が本当に大事だと思います。

EC:そういった普段の積み重ねが自分のためにもなりますしね。

藤田さん:そうですね。これからも広く情報を収集してサポセンを利用していただくみなさんのお役に立てるように頑張りたいと思います!





次回はサポセンの施設概要などをお届けします。




▲北海道環境サポートセンター
環境保全の活動支援を具体的に行う窓口として、北海道環境財団が運営する施設。環境に関連した図書や展示、いろいろな団体の行事情報などを常設。


北海道環境財団
http://www.heco-spc.or.jp/

サポセンほっこりだより。
http://www.heco-spc.mo-blog.jp/saposen/


posted by beatnik at 00:00| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。